映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』(完成披露)試写会・舞台挨拶情報まとめ

皆さまこんにちは!Theater733へようこそ!

 

本日は、松本潤さん主演!

『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』(以降、「映画『99.9』と記載)の試写会&舞台挨拶情報をご案内してまいります。

※ 当サイトでは、公開前の上映を「試写会」、公開後のイベント付き上映を「舞台挨拶」と明記しています。

 

この記事でわかること】

*試写会情報*

開催日はいつ頃か?
募集開始の目安
応募できるサイト

 

*舞台挨拶情報*

情報開示はいつ頃か?
どのサイトを見ればいいか?
どうやってチケットを入手するか?

 

試写会&舞台挨拶に参加したい皆さんの参考になりましたら幸いです。

 

スポンサーリンク

 

試写会情報

☆2021年9月13日(月)現在、舞台挨拶情報はありません☆

 

映画の試写会は、キャストの登壇がある「イベント系試写会」と、上映のみの「一般試写会」の2種類あります。

どちらの試写会も公開日の1~2ヶ月前に開催されることが多く、キャスト・スタッフが登壇する「完成披露試写会」は1ヶ月~1週間前と公開直前に開催する作品がほとんどです。

映画『99.9』は公開日が「2021年12月30日(木)」のため、

一般試写会は2021年10月~12月中旬頃
完成披露試写会は2021年11月下旬~12月中旬頃

になりそうです。

※ まれに公開2ヶ月前など早いタイミングで完成披露試写会を開催する作品もありますので、ご留意下さい。

 

試写会は映画の公式サイト(こちら)、公式ツイッター(こちら)、映画情報サイト(filmarks、cinemacafeなど)で募集されます。

絶対参加したい!と言う皆さまは、公開3ヶ月ぐらい前から上記サイトをチェックして下さい。

当サイトでも、詳しい情報入り次第ご案内してまいります。

 

スポンサーリンク

 

舞台挨拶情報

☆2021年9月13日(月)現在、舞台挨拶情報はありません☆

 

「舞台挨拶」は公開当日・翌日・翌々日に開催される「公開記念舞台挨拶」と、翌週以降に開催される「追加舞台挨拶」(大ヒット御礼舞台挨拶など)の2種類があります。

 

「公開記念舞台挨拶」は邦画作品はほぼ100%開催されるため、映画『99.9』も開催は間違いないと思われます。

「追加舞台挨拶」は開催する作品としない作品がありますが、映画『99.9』はキャストの豪華さと作品規模を考えると開催する可能性の方が高そうです。

 

「舞台挨拶」のチケットは「公開記念舞台挨拶」「追加舞台挨拶」どちらも基本的には公式サイトから情報が発表され、抽選販売になる場合がほとんどです。

また、「舞台挨拶」は有料の場合が多く価格は「2,000~3,000円」になります。

 

「舞台挨拶」に参加したい方は、公開1ヶ月前~2ヶ月後あたりまで映画公式サイト(こちら)、公式ツイッター(こちら)をチェックして下さい。

※「舞台挨拶」は情報発表から締め切りまでが短い傾向にありますので、参加されたい方は公開1ヶ月前後はこまめに公式サイトをご確認下さい。

 

「舞台挨拶」についても、最新情報入り次第ご案内してまいります。

 

スポンサーリンク

 

作品情報

 

タイトル

『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』

(きゅうじゅうきゅうてんきゅう けいじせんもんべんごし ざむーびー)

 

予告(特報)


引用:Johnny’s official

 

公開日

2021年12月30日(木)

 

公式サイト

https://movies.shochiku.co.jp/999movie/

 

あらすじ

15年前に眠る、真実を追え。

常に事実だけを追求し、99.9%逆転不可能と言われる事件で無罪を勝ち取ってきた深山(松本潤)。
所属する斑目法律事務所の刑事事件専門ルームは、新所長となった佐田(香川照之)のもと、新米弁護士・穂乃果(杉咲花)も加わり、日々事件に挑み続けていた。
ある日、彼らのもとに舞い込んできたのは、15年前に起きた天華村毒物ワイン事件に関する依頼。
その事件には、謎の弁護士・南雲(西島秀俊)とその娘エリ(蒔田彩珠)が関わっていた。
一見善良そうな南雲だが、果たして彼は敵なのか、味方なのか?
深山たちは、村で出会った青年・守(道枝駿佑)の協力も得ながら、15年前の事件を徹底的に調べることに。
やがてある可能性に行き当たり、奇跡の大逆転かと思われたが、それは巧妙に仕掛けられた罠だった…。
事実だけを追求してきたはずの深山が、まさかの冤罪を生んでしまうことに!?
斑目法律事務所に訪れた最大のピンチ!
果たして深山たちは、0.1%の事実にたどり着くことができるのか―― ?

深山たちの前に立ちはだかる、史上最大の難事件!

引用:「99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE」公式HP

 

キャスト

☆ 深山大翔:松本潤
ナラタージュ」(2017年) / 「陽だまりの彼女」(2013年) / 「花より男子ファイナル」(2008年)

 

☆ 佐田篤弘:香川照之
バケモン」(2021年) / 「七つの会議」(2019年) / 「クリーピー 偽りの隣人」(2016年)

☆ 河野穂乃果:杉咲花
妖怪大戦争 ガーディアンズ」(2021年) / 「サイダーのように言葉が湧き上がる(声の出演)」(2021年) / 「青くて痛くて脆い」(2020年)

☆ 明石達也:片桐仁
あなたの番です 劇場版」(2021年12月10日公開予定) / 「青葉家のテーブル」(2021年) / 「“隠れビッチ”やってました。」(2019年)

☆ 藤野宏樹:マギー
ある役者達の風景」(2021年公開予定) / 「燃えよ剣」(2021年10月15日公開予定) / 「科捜研の女 劇場版」(2021年)

☆ 中塚美麗:馬場園梓
テラスハウス クロージング・ドア 禁断の副音声版」(2015年) / 「海月姫」(2014年) / 「NMB48 げいにん!THE MOVIE お笑い青春ガールズ!」(2013年)

☆ 落合陽平:馬場徹
雨の首ふり坂」(2018年) / 「クリーピー 偽りの隣人」(2016年) / 「幕末奇譚 SHINSEN5」シリーズ

☆ 佐田由紀子:映美くらら
461個のおべんとう」(2020年) / 「愛と青春の宝塚 恋よりも生命よりも」(2009年) / 「昴 スバル」(2009年)

☆ 坂東健太:池田貴史
映画 クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者(主題歌・声の出演)」(2020年) / 「海街diary」(2015年) / 「予感」(2006年)

☆ 加奈子:岸井ゆきの
バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら」(2021年) / 「ホムンクルス」(2021年) / 「空に住む」(2020年)

☆ 南雲恭平:西島秀俊
シン・ウルトラマン」(公開日未定) / 「劇場版 きのう何食べた?」(2021年11月3日公開予定) / 「劇場版オトッペ パパ・ドント・クライ(声の出演)」(2021年10月15日公開予定)

☆ 重盛守:道枝駿佑
461個のおべんとう」(2020年) / 「関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!」(2017年)

☆ 南雲エリ:蒔田彩珠
Pure Japanese」(2022年1月28日公開予定) / 「神在月のこども(声の出演)」(2021年10月8日公開予定) / 「DIVOC-12」(2021年10月1日公開予定)

☆ 立花彩乃:榮倉奈々
」(2020年) / 「それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫(声の出演)」(2019年) / 「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(2018年)

☆ 尾崎舞子:木村文乃
ザ・ファブル」シリーズ / 「BLUE ブルー」(2021年) / 「居眠り磐音」(2019年)

☆ 高丸川貴久:青木崇高
HOKUSAI」(2021年) / 「るろうに剣心」シリーズ / 「日本独立」(2020年)

☆ 重盛寿一:高橋克実
ウェディング・ハイ」(2022年3月12日公開予定) / 「BLOOD-CLUB DOLLS 1」(2018年) / 「花戦さ」(2017年)

☆ 若月昭三:石橋蓮司
西成ゴローの四億円 死闘篇」(2022年公開予定) / 「妖怪大戦争 ガーディアンズ」(2021年) / 「お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方」(2021年)

☆ 大友修一:奥田瑛二
西成ゴローの四億円」シリーズ / 「ニワトリ☆フェニックス」(2022年公開予定) / 「唐人街探偵 東京MISSION」(2021年)

☆ 川上憲一郎:笑福亭鶴瓶
バケモン」(2021年) / 「閉鎖病棟 それぞれの朝」(2019年) / 「怪盗グルーミニオン」シリーズ

☆ 斑目春彦:岸部一徳
総理の夫」(2021年9月23日公開予定) / 「一度も撃ってません」(2020年) / 「轢き逃げ 最高の最悪な日」(2019年)

☆ 太田保:ベンガル
愛のまなざしを」(2021年11月12日公開予定) / 「ガメラ2 レギオン襲来」(2021年) / 「初恋」(2020年)

☆ 山本貴信:渋川清彦
激怒」(2021年公開予定) / 「偶然と想像」(2021年12月公開予定) / 「燃えよ剣」(2021年10月15日公開予定)

 

スタッフ

★ 監督:木村ひさし
名刺ゲーム」(2020年) / 「仮面病棟(監督・脚本)」(2020年) / 「屍人荘の殺人」(2019年)

 

★ 脚本:三浦駿斗
台湾より愛をこめて」(2018年)

★ トリック監修:蒔田光治
屍人荘の殺人」(2019年) / 「劇場版 トリック」シリーズ / 「チーム・バチスタの栄光」(2008年)

★ 音楽:井筒昭雄
ブラック校則」(2019年) / 「五つ星ツーリスト THE MOVIE 究極の京都旅、ご案内します!!」(2015年) / 「映画 怪物くん」(2011年)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です