映画『翔んで埼玉2』伊勢谷友介(阿久津)はどうなった?

千葉県側の重要キャラクター阿久津を演じていた伊勢谷友介さん。

続編である『翔んで埼玉2 〜琵琶湖より愛を込めて』ではかなり特殊な扱いをされていました!

いや、むしろ無かった事にしなかったのはすごいぞ?!って感じなのですが、今回は「阿久津はどうなったのか?」についてまとめていきたいと思います。

阿久津以外の本編ネタバレはございませんので、安心してご覧ください。

スポンサーリンク

 

 

阿久津(伊勢谷友介)はどうなった?

前作では麻美麗(GACKT)と濃厚なシーンを展開した千葉解放戦線のリーダー、阿久津ですが、『翔んで埼玉2』では全く出演シーンはありませんでした。

とは言え、存在が抹消されたわけではなく、非常に『翔んで埼玉』らしい扱い方をされていました。

それは↓↓↓

きっと何か特別な理由があっていなくなった!を匂わせる(笑)

今回のお話は、埼玉に海を作るため、和歌山の白浜(白い砂のビーチで有名)から砂を取ってこよう!(そして道中色々ある(笑))と言うお話なのですが、和歌山に行くために船を出すため、麗は千葉解放戦線に協力を得ます。

そこで、千葉の尼さん(浜野さざえ(小沢真珠)&あわび(中原翔子))に船長を頼み、合流します。

↑真珠さん、翔子さんは続投!↑

しかし、そこに阿久津の姿はなく、不審に思った麗は「阿久津はどうした?!」と詰め寄るのですが、なんだか訳ありな表情で何も話そうとしない2人。

結局この話はこれで終わりで、その後、どうしたとか何の話もありませんでした。

いやぁ、もう脱帽ものですよね。

キャストを変えるでもなく、本作では出さないでもなく、キャラクターを抹消するでもなく、なんちゅう見せ方をしてくれるんだと!

 

さて、そんな『翔んで埼玉2』ですが、さざえ&あわびは関西の地でも大活躍(?)。

杏ちゃんは麗しく、百美は相変わらずの麗LOVEで、前作以上のスケールで爆笑でした!

気になっている方はぜひ映画館でご覧下さい♪

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です